PR

子どもと遊ぶ日本地図パズル

yakuzaishi-k
PR

 我が子にまだ上の子が幼稚園年少くらいの時から、日本地図のパズルを買って遊びに取り入れました。遊びながら学ぶことができる知育商品です。

日本地図パズルを取り入れた理由

 地図を見て、自分が住んでる場所がどこなのか、どこに行った事があるのか等が分かるようになると面白いと思い、日本地図パズルを遊びに取り入れました。

 我が家が購入したのはくもんの日本地図パズルです。地図についての勉強は小学校3年生から始まり、都道府県の勉強が始まるのは小学校4年生からになるようです。今思い返せば、自分も小学校4年生の時に頑張って都道府県名を北から順に言えるように覚えたような気がします。当時自分が使っていたパズルは紙製で、何かの付録についていたようなものだったと思います。

くもんの日本地図パズルのお勧めポイント

成長レベルに合わせた2種がある

 くもんの日本地図パズルは大きくて見やすく、厚みがあってパズルの方にはめていく感じです。東北、関東など地域ごとに色分けがされたパズルと、すべて真っ白なピースのパズルの2種類が入っています。そのためまずは色分けされたものができるようになって、慣れてきたら全体が白いピースに挑戦するといった方法でステップアップを楽しむことができます。

 はじめ姉弟でやっているうちは、自分は紫(九州地方)をやるね!といった形で協力して進めるようなこともしていました。

 今までの写真や動画を見返すと、年少4歳児くらいの時でも色付きの方は一人でパズルを完成させるまでできていたようです。白いピースの方も、弟は年中で出来ていたようです。

園児でも読める読み仮名シールつき

 都道府県のパズルピースに、都道府県名が感じで印字されています。小学校4年生くらいなら読むことができると思いますが、幼稚園児にすべて読むのは難しいです。しかし読み仮名用の小さいシールもついているため、それを張ってあげればひらがなが読めれば県名を知ることができます。

形を触れて覚える事ができる。

 子どもにとって触れるという事は良い刺激になるのではないかと思います。実際にパズルを触ってやってみる事で、形にどういう特徴があるのか、また大きさはどれくらいなのかなどと言ったことが身についていくのではないかと思います。

日本の地図、県名が分かると楽しい!

 県名と場所が分かってくると、普段の会話の中にも県名が登場するようになります。テレビで見た場所がどこなのか、ここはどの辺なのか、自分の住んでるところとはどれくらい離れているのか、等です。また子どもからどこどこに行ってみたい!と言われることも。

 今年は親戚が住む北海道に家族みんなで行きました。また奥さんと子どもだけで青森にも旅行に行きました。青森は子ども達の希望で、大人も具体的にどういったものがあるのか分かっていなかったですが、ねぶたの博物館などに行って迫力のある展示を見て楽しめたようです。また東京、埼玉にも家族みんなで行きました。次にはクレヨンしんちゃんのおじいちゃんが住む秋田県に行ってみたいと言っていますが、また暖かくなってきてからかな、と思っています。

どうせ学ぶなら遊びの中で!

 日本地図を覚えるという事は、小学生になったら授業でやらなければならない事です。またもっと前段階としては、ひらがなの読み書きができる、数字を覚えて足し引き等の計算ができるようになるという事もありますが、どうせやらなくてはいけなくなることは脳が柔らかいうちに早めに取り入れるというのは決して悪い事ではないと思います。

 決して毎日一生懸命やらせていた訳ではなく、ひとつのおもちゃとして取り入れることで出来るようになりました。習慣的にやっていたらもっと早くできるようになったかもしれませんが、他の遊びの妨げにならない程度に、本人たちが気が向いたときにやってみたり、最近やってないなと思ったら少し促したりする程度で十分できるようになりました。

 親との遊びや会話の中で色々覚え、自分が興味を持った事にどんどん取り組んでみてもらいたいと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました