yakuzaishi-k

気管支喘息の病態と治療について

自分の息子は1歳になるときに気管支喘息と診断され、1週間ほどだったと思いますが入院した経験があります。また昨今の秋の花粉の影響で喘息に繋がる可能性があるという報道もあるため気管支喘息について記事にします。
yakuzaishi-k

薬事監査報告

自分が勤務する薬局で保健所の薬事監査が入ったため今回どのような内容だったのか簡単な記録です。
yakuzaishi-k

認知症治療薬について

日本の製薬大手「エーザイ」がアメリカの「バイオジェン」と共同で開発した、アルツハイマー病新薬「レカネマブ」が承認されました。現在薬局で処方される認知症治療薬および周辺症状治療のための薬剤についてまとめます。
yakuzaishi-k

アルツハイマーについて知る・考える

認知症は社会の高齢化が進行しますます増加しつつある疾患です。アルツハイマー病と県完成認知症が二大認知症疾患であり、両者が認市長全体の8割以上を占めています。アルツハイマー病を中心に認知症についての記事です。
yakuzaishi-k

ミニマリストという考え方について

ミニマリストという考え方について記事にしようと思います。自分はガチガチのミニマリストではないですが、ミニマリストという選択がこれからの時代の生き方に合っているような気がしています。
yakuzaishi-k

R5.10.1~変わる、コロナ治療薬を処方される際の費用

R5.10.1より、R5.5.8~R5.9.30まで行われてきたコロナ治療薬の公費制度に変更があります。その内容について簡単にまとめました。
yakuzaishi-k

薬局内、薬の管理に関して

薬局内で使用する薬剤の数は店舗規模により変わりますが、地域支援体制加算を考慮すると1200品目以上の薬剤を備蓄しておく必要があります。薬局内の薬の管理に関して紹介します。
yakuzaishi-k

子どもの解熱剤、これだけ!

解熱剤は新型コロナウイルス感染症、インフルエンザ感染症等すべての発熱を伴う病気で処方されます。薬剤師以外でもその理解は難しくありません、大人が正しく理解する事で対処できるようにしましょう。
Uncategorized

お子さんのインフルエンザに備えましょう。

インフルエンザの動向やお子さんがインフルエンザに感染した際に予想される症状、受診から療養に関しての記事です。
yakuzaishi-k

調剤薬局経営者が求める薬剤師

今後調剤薬局で働くことを希望している学生、転職を考えている方に向けて、現在の調剤薬局で求められていることに関して、自分なりの考えです。